Grow & Leap
ourVision
ourvision
個性社会の実現
自分と相手の「個性」を尊重し、
活かし合う幸せな社会を共に創る
OurMission
あなたの「個性」を引き出し、
自分らしいキャリアを歩む力を育てる。
OurMission
1.「個性」は1人ひとりにある唯一無二の貴いもの。
2.「個性」は自分も相手もお互いに尊重するべきもの。

「個性」は、
感じたこと、
考えたこと、
そのもの。

私たちが
解決したい課題

3000人以上の学生と接してわかった現実。

「将来、やりたいことがわからない。」

既存の価値観やモデルでは通用しない、予測不可能な時代を生きています。
「自分らしく生きること」がテーマとなるこのときだからこそ、中高生が培うべき力は
「個性」が生きたキャリを歩む力だと考えます。

自分に価値を感じていない

自分らしいキャリアを歩む上で、自分に価値を感じていないことは最も大きな弊害の一つですが、自分に価値を感じている中高生は半分以下です。まずは、その価値に気づいてもらう働きかけからスタートします。

日本

44.9%

米国

83.8%

中国

80.2%

韓国

83.7%

自分は価値ある人間だ
と思う高校生

0%

自自分は国や社会を
変えられると思う高校生

学校・家庭だけでは限界

40人一斉に見ている教師が一人ひとりに合った進路指導をすることは、困難です。一方、キャリアが複雑化している中で、家庭がサポートすることも限界があります。今後は、第三者が支えながら、連携して進めることが求められます。

0%

進路指導に
難しさを感じる教員

学校

75.4%

友達

47.6%

勉強

46.8%

将来

10.8%

親とどのような話をしているか

自分の個性がわからない

「自分がやりたいことが見つからない」と悩んでいる中高生の多くは、そもそも自分の「個性(感じていること、考えていること)」を言語化できていません。自分の内面に目を向けることから、自分らしいキャリアが形成されます。

自分の適性が
わからない高校生

0%

自分の就きたい職業が
わからない高校生

将来を考える機会がない

多くの中高生は、学校と家と塾の往復に日々を費やし、自分や将来と向き合って、深く考える余裕がありません。また社会との接点もほとんどないため、やりたいことを見つけられない中で、キャリア選択を余儀なくされています。

0%

自分の10年後を
具体的に考えている高校生
日々の生活に追われ、
「忙しい」と感じる高校生