キャリア教育NPO法人 Grow & Leap

2021.2.7「理想の学校を実現させるには?」

 
2021.2.7 (sun)
 
#「成功」に何が必要か考えた時、「準備」が一番大切だと感じた。
#「日本の教育に疑問を感じているのは私だけじゃない!」という気づきが得られた。
#「主催者」としての責任感や人をまとめる力を学んだ。
 
 
 
 
人生の3分の2の時間を海外で過ごしていた経験がある内田さんは、帰国後、日本の学校教育に疑問や物足らなさを感じていました。
 

「理想の学校ってなんだろう?」

という内田さんの純粋な「感じたこと、考えたこと」をもとに、ディスカッションイベントを企画しました。
 
イベント内では、自分の思いや考えも堂々発表しながら、参加者の声にしっかり耳を傾けていました。参加した人全員から、高評価をいただく(満足度 5.0/5.0点)イベントで、大成功をおさめることができました。
 

=内田さんのコメント=

1.印象に残っているCo*Sharingを教えてください。
Co*Sharing:Grow&Leapの個性教育における実践テーマのこと)
 「前もって準備しよう」です。今回のイベントを成功させるのに何が必要か考えた時、準備が一番大切だなと感じました。準備をしなければ自分のやりたいことはわからないし、準備をしなければ本番の流れもわからず、本番で上手くいかないと思います。実際私はイベントの数日前から何度もスライドを読み返したり、自分の中でシミュレーションを繰り返したりしたことが今回のイベントが成功した大きな理由だと思っています。イベントに関わらず、何事にも準備は必要だと感じさせられました。


2.イベント企画を通して感じたこと、考えたことを教えてください。
 初めてこういうイベントを企画して、最初は緊張だらけでした。どんな内容にするのか、どういう人を集めるのか、そして何より、上手くいくのかという心配がありました。準備していく中で、何度も「これで大丈夫なのか?」と自分に問いかけていました。本番では、自分が練習してきたことを信じ、落ち着くことを意識したら、すぐに緊張も解けてスムーズに進行できたのではないかと思います。ディスカッションを通して、高校生から社会人の様々な視点からの意見が聞けて、すごく勉強になりました。
 それと同時に、日本の教育に疑問を感じているのは私だけじゃない!という思いもありました。イベントが終わり、参加者の感想を読んでいると、皆さん私と同様、とても勉強になったと言ってくださり、改めてこのイベントを企画してよかったと思えました。その中でも、「楽しかった」という言葉があり、正直自分は自信がない部分も多かったので、とても励みになりました。このイベントを通じて、私が知りたかった「日本の学校に足りないもの」を知る機会にもなりましたし、私自身人として成長できました。この経験をできたことに感謝しています!そして参加者の方々にもう一度感謝を伝えたいです。
 
 
3.今後の展望を教えてください
 今回のイベントで知ることのできた「日本の学校に足りないもの」というのを自分の中で整理して、今後大学や就職の際に何か自分の武器として利用していきたいです。中々こういうお題について話す機会は少ないと思うので、良い武器になると思います。
 そしてこのイベントを通じて「主催者」としての責任感だったり人をまとめる力というのを学びました。私は今学校のダンス部で部長をやっているので、より良い部活にするために考え、今回学んだことを存分に活かしていきたいです。
 
 
 
 

CAPTCHA