キャリア教育NPO法人 Grow & Leap

2021.4.3 害獣問題について考える

2021.4.3 (sat)
 
こんにちは!小見門です!
2021年4月3日(土)、高校生の水谷彩葉さんと共に「獣害問題とどう向き合うか ~獣害問題について考える~」というイベントを開催しました。
 
主催者の彩葉さんは、田舎の農家出身で獣害問題に悩まされてきた当事者です。一方で、まるで友達のように一緒に育ってきた動物たちが、「害獣」として扱われることにも問題意識を感じていました。
 
そんな彩葉さんが掲げるビジョンは、

「害獣が友獣になるような社会の実現」。

「人間も野生動物も笑顔に!」という思いが込められています。
 
 
獣害対策の専門家から、この問題に初めて触れる高校生まで、多様な方々が参加してくださった今回のイベント。
現実的な獣害問題の解決策から、動物と人間の共存に至るまで、それぞれの個性を持ってしか語ることが出来ない貴重な意見が飛び交い、とても深いディスカッションとなりました!
 
私自身は、獣害問題について考えるのは初めてでしたが、「どんな問題だとしても、決して一人で解決することはできない。自分と他の人々の『個性』が一つになってこそ、新たな世界を見出すことが出来るのだな。」と強く感じる時間となりました!
 
小見門よし乃
 
 
*******
以下、参加者の感想の一部です!
 
獣害についてはあまり知らない身でしたが、専門家の人々から知見を頂くことができ、教師の立場から社会問題の解決を図っていく緒が見えました!
 
こんなに横断的に多様な人材が集まる機会なんてそうそうないと思います!
 
全国の様々な役職で活躍されている方々と意見を交換したり、話を聞くことが出来てとても充実した時間でした。
 
高校生でいろんな活動をされていて、感心しました!彩葉さんのような存在は日本にとって世界にとって必要なので、これからも頑張ってください!
 
 
【関連記事】

CAPTCHA